青汁の美容効果はどうなのか?

従来の青汁は健康サポートの意味合いが強かったです。ですが、ここにきて美容を目的にした青汁が販売されてきています。青汁を美容飲料として飲んでいる女性が増えて来ているのです。ここでは【青汁の美容効果はどうなのか?】に関してお話を致します。食物繊維が豊富に含まれている青汁。便秘解消効果もあり美容に直結します。美容に特化した青汁は美を追究する女性に必須のアイテムとなっています。

美容に特化した青汁!

代表的な商品は「美感青汁」です。配合成分を見てみると「コエンザイムQ10」「セラミド」「コラーゲン」「プラセンタ」「ヒアルロン酸」など、いかにも美容によさそうです。これを1本食べるだけでOK!健康も美容もサポートしてくれます。

従来の粉末タイプではなくて水に溶かす必要がないゼリータイプであるのも高評価です。デザート感覚で摂取できるのも忙しいキャリアウーマン向きです。美容を気にするお洒落女子を中心に話題になっています。

「美力青汁」も美を意識した青汁です。「ミネラル」「食物繊維」「ローヤルゼリー」「コラーゲン」「ビタミンC」が配合されています。いろいろな美容成分を摂取できる青汁として人気です。

ダイエット効果がある青汁って本当なの?

青汁でダイエット基本的に青汁はダイエットを目的とした飲み物ではありません。ですから、必ずダイエット効果があるとは言い切れません。しかしながら、ダイエットに繋がる効果が期待できます。例えば、便秘の解消です。

お腹のぽっこりした状態は解消します。そのおかげで、スッキリとしたスマートなスタイルになります。ジュースを青汁に変えるだけでも、カロリー摂取を押さえることもできます。食事やエクササイズでダイエットをしているならば、ダイエットの補助として青汁を試してみる価値はありそうです。青汁に含まれているビタミンBは脂肪燃焼をサポートしますから効果的にダイエットできる可能性があります。

いかがでしたでしょうか?

青汁の原材料である「大麦若葉」や「ケール」には食物繊維がたっぷりと含まれています。大腸の中で水分を吸収して膨らむ特徴がある食物繊維。便を柔らかくしてくれます。その結果、排便をスムーズにしてくれます。

1日に必要な食物繊維は30グラム程度です。これぐらいの量の食物繊維が摂取できていれば便秘にはなりません。青汁には3グラム程度の食物繊維が含まれています。便秘を解消する助けになり、お肌トラブルの解消になり、美容効果の期待はできます。

青汁の種類・購入方法などの知識

青汁は忙しい人たちが普通の食事では摂取できない野菜の量をサポートするための商品です。青汁では生野菜をたくさん食べるよりも効率的に摂取できます。野菜不足を解消する健康食品として鳥目されています。今回のテーマは【青汁の種類・購入方法などの知識】です。

青汁とは

青汁は食物繊維・ビタミン・ミネラルなどの栄養素を摂取するための「栄養補助食品」ですが、中には特定の効果が確認されている「トクホ」の商品もあり、血糖値の上昇を抑えてくれたりします。栄養価の高い野菜を絞った野菜ジュースだとイメージすればわかりやすいです。野菜の葉の部分の汁です。

青汁の種類

粉末タイプ

私達が入手しやすい商品の大部分はこの粉末タイプになっています。粉末状に加工されています。水にそのまま粉末を溶かして飲みます。簡単に飲めますし、流通もしやすく長期保存もできるメリットがあります。

冷凍タイプ

ジュースを乾燥させることなく、そのまま冷凍加工したタイプの商品です。一部の健康食品会社で販売されています。解凍したから飲みます。

ジェルタイプ

食べる青汁というコンセプトで商品化されたものです。

タブレットタイプ

粒の形にした青汁ですが商品数としては、それほど多くありません。

青汁の購入方法は?

もっとも一般的なものはインターネット通販や電話での通販です。テレビショッピングでも紹介されています。その場合は電話によるオペレーター注文になります。スーパーマーケットやデパートなどの店頭では販売されていません。

青汁の原料になる野菜はどういったものがあるの?

青汁の原材料一般的には馴染みのない栄養価の高い特別な野菜が利用されているのが日本で市販されている青汁の特徴です。具体的には「ケール」「大麦若葉」です。それ以外には「ゴーヤ」「すいおうの歯」「熊笹」「桑の葉」「長命草」「明日葉」んなどが主原料です。特別な野菜ですからスーパーマーケットや八百屋でも目にすることはないでしょう。

青汁の商品は1杯あたり100円程度が相場です。スーパーマーケットで販売されている野菜ジュースと比べたら割高かもしれません。ですが、ご紹介したようい原材料の製造方法や栄養価や食物繊維ではまったく別物です

いかがでしたでしょうか?

青汁は野菜の主原料によって飲みやすさも違います。比較的「大麦若葉」は飲みやすいです。「明日葉」や「ケール」はクセが強いです。粉末タイプは飲みやすいですが、冷凍タイプは少しクセを感じるかもしれません。まずはお試しサンプルで試すといいです。

青汁に含まれている健康成分とはどんなものがあるの?

健康成分がたっぷり含まれていることで注目されている青汁。どういった健康素材を利用すればいいのでしょう。最近話題になっている新素材などもあります。今回は【青汁に含まれている健康成分とはどんなものがあるの?】をテーマにお話します。

青汁に含まれる成分の定番「ケール」「大麦若葉」「明日葉」

青汁代表のケールと大麦若葉と明日葉「ケール」は青汁の元祖と言われていますがキャベツの原種で南ヨーロッパが原産になっています。独特の青臭さがあります。強面の男優が「まずい!もういっぱい」という衝撃的なコマーシャルで一躍有名になりました。飲みにくい独特の味なのですが、各社飲みやすい工夫をしています。栄養価に関しては野菜の中でも断トツに髙いです。

近頃の青汁の定番になっているのが「大麦若葉」でしょう。栄養価に優れているのが大麦の特徴です。食物繊維は米の10倍以上です。その大麦の若葉が青汁の原料になっています。他の野菜と比較した場合には、酵素・ミネラル・ビタミンの量が豊富です。ケールのような青臭さがありませんし、栄養が高いです。

明日葉はケールや大麦若葉とブレンドされて使われるケースが多いです。セリ科の多年草である明日葉。成長が早い特徴がありますから、その日に摘んでも翌日には新しい芽がでます。生命力がとても強いのが明日葉の魅力です。

飲みやすさを追究して「はちみつ」や「マンゴー」が配合されています。

従来の青汁は美味しくないですが、最近の青汁は違います。お子さまでも飲めるほど美味しくなっています。その秘密はどこにあるのでしょうか?

キューサイは青汁のまずさを広めたのですが、現在は蜂蜜をブレンドしています。「はちみつ青汁」はヒット商品となっています。口当たりもなめらかで、ほんのりとした甘さが特徴です。

アスリートギフト社の「美感青汁」も飲みやすいタイプの青汁です。ジェルタイプの青汁でこれまでの粉末の青汁とは違うコンセプトの商品です。マンゴーの味になっていまして、甘酸っぱいフレーバーが飲みやすいです。ちょうどフルーツゼリーみたいです。デザート感覚で青汁が楽しめます。

いかがでしたでしょうか?

「ケール」や「大麦若葉」が青汁の主原料であるのは間違いありません。近頃のトレンドとしては、特定保健用食品である「トクホ」に認定されている成分が配合されている青汁もでてきました。蟹由来のキトサンや、クマザサを利用した青汁も注目されています。多彩な栄養が含まれている成分を配合した青汁を試している人も多いです。